回収してもらう不用品を選別していくための情報ツール

不用品回収業者の回収不可物について

社会秩序的な理由で回収できないもの

堅苦しい表現ですが、以下の一覧をお読みいただければ、なるほど、と思えるものばかりだと思います。
盗品、動物、薬品、医療器具です。
盗品は当然回収できません。
業者も犯罪の片棒を担ぐわけにはいきませんので、転売や盗難の目的や可能性が有り得る物品(不自然に未開封のままの物品)を、回収時にチェックしています。
そのため、あくまで「中古品」を売っているのだとハッキリさせておかなければいけませんし、逆を言うと、特にリサイクルショップなどに売る場合、回収された時点でそれは「中古品」として取り扱われる(新品としての価値では扱われない)ということなのです。
薬品、医療器具は、感染症や病気が広がるのを防ぐために、専門の業者が法律に基づいて回収しています。

他に回収ルールがあるから回収しないもの

他に回収するルールが定められているために、不用品として回収することができないものもあります。

生ゴミ、食品類、土、ブロック、木くず、砂、汚物です。
これはどの地方自治体でも同じように不用品回収業者による回収不可物品として扱われているものになっています。

「生ゴミ」は「使う」とか「不要」という枠には当てはまらないでしょう。
ゴミでしかないのですから、生ごみの回収のルートで回収してもらわなければなりません。
また、これは土、ブロック、木くず、砂にも当てはまる点として言えるのですが、これらを「資源」としてコッソリ回収して海外に転売する可能性も考えられるため、そうした不正を防ぐために、所定の方法で、自治体の処理場で処分する必要があるのです。

一般家庭でも業者でも大事な事は「まずはその地域のゴミ・不用品回収ルール」を役所や自治体のウェブサイトで確認する事なのです!


この記事をシェアする