回収してもらう不用品を選別していくための情報ツール

不用品回収業者と自治体の回収

回収してもらえるもの

利用する不用品回収業者が取得している許可によっては、ほとんどのものが回収してもらうことができます。
一般的な不燃ごみでしたら収集所に出せば良いだけの話ですが、不用品回収業者に頼むということは、普通にごみを出すことが難しい状況ということが多いと思います。
ではどんなものを回収してもらうことが多いのでしょうか?

やはり、運び出すことの難しい粗大ごみや大型の電化製品などが最も多くなります。
どちらも自治体で回収してもらうと最低限の料金しかかかりませんが、回収業者を介すると手数料にプラスして運搬費など諸々料金が発生しますので比較的高くなります。
かかってしまう手間と料金を比較して、回収業者も利用するかどうかの判断をしましょう。

忘れがち!こんなものも回収してくれる

せっかく不用品回収業者を利用するのなら、できるだけ一度で不用品の整理を済ませてしまいたいですよね。
そんな時に回収してもらうのを忘れてしまいがちなものをいくつかご紹介しますので、引っ越しや自宅の整理の参考にしてみてください。

まずは、サイズ的に使えなくなった子供用の家具やチャイルドシートなどが意外と自宅に置いておくと邪魔になりがちです。
特にベッドや学習机など大型のものは回収の機会に一緒に引き取ってもらいましょう。

衣装ケースやカラーボックスなどの収納ボックスも忘れてしまうことが少なくないと思います。
気軽に整理整頓のために購入しておいて持て余してしまったなんてこともありますよね。
サイズによっては粗大ごみとなってしまう場合があり、取集日に一つずつ出すよりは他の物と一緒に引き取ってもらったほうがお得になるかもしれません。


この記事をシェアする