回収してもらう不用品を選別していくための情報ツール

不用品買取り業者の種類と特徴

家庭ごみは回収業者で引き取ってくれる?

基本的に、家庭から出る生ごみなどの生活ごみは自治体で収集している集積所に、指定のゴミ袋に入れて出します。
生ごみ以外の家庭ごみでしたら、回収業者でも引き取ってくれるところはあると思いますが、普通のごみの日に出せば無料のところ業者を利用してしまうと有料となりますので、あまりお得とは言えません。
粗大ごみや不要な家電製品などでしたら、自治体に回収してもらったほうが安くは済みますが運搬などの手間がなくなりますので、場合によっては回収業者を利用しても良いかもしれません。

また、家庭から出る不用品や廃棄物を回収するためには一般廃棄物収集運搬の許可が必要で、その許可を得るのは大変難しいとされています。
そのため、街中を巡回しているトラックや、空き地での無料回収、郵便受けなどに投函されているチラシなどは無許可の場合が多いので、注意が必要となります。

特別な処置が必要な不用品

処分を行うのに特別に処置をしなければいけないような物は回収してくれないことがあります。
例えば、病院で使用される医療器具はそれに当たることが多く、処分には定められたルールに従わなければならないので、回収してくれない可能性が高いのです。
病院で使われる薬品類もその内容に関わらず特別な処置を必要とするので、小さなものであっても回収を断られることがあります。

塗料や洗剤も量が多くなると特別に処置しなければいけませんし、水銀などは産業廃棄特別管理物に指定されているので、水銀が使われている蛍光灯の回収は難しいものとなります。

また、当然ですが盗品またはその疑いがあるものは引き取ってはもらえませんし、他人の権利を損害しえるかもしれないものも引き取りは不可能となります。


この記事をシェアする